子供の英語発音のコピー能力が大人よりも早いのはなぜ?

子供が生まれた人達は、将来その子供がどのように成長していくか楽しみでなりませんよね?
今では、英語の学習にはとても力を入れている学校も増えているようなのですが、子供の英語の発音はとても綺麗と言われています。
それはいったいどうしてなのでしょうか?大人とはなぜ違いがあるのでしょうか?検証してみましょう。

【大人は英語の発音がとても苦手説】

耳で聞いているのに、それと同じ発音をしようとしてもなかなか同じ音が出せない!という事はありませんか?
特に英語にはあって日本語にはない発音になればとても難しくてその音が出ないのです。
例えば、英語の「th」の発音は日本人はとても苦手で、舌の位置がとても大事なのですが、なかなか出来ない日本人が多いのです。
また、「L」や「R」の発音もとても苦手で全てが「らりるれろ」の発音になってしまうので意味が伝わりにくくなってしまいます。
書くという意味の「write」という単語も、日本人は舌を巻くような「r」の発音が苦手なので「ライト」と言ってしまし英語では「light」になり、軽いや明かりの意味になってしまうのです。
では子供は聞いた英語をそのまま発音出来るようなのですがどうしてなのでしょうか?

【なぜ、子供の英語の発音は綺麗?説】

大人は耳に入った英語を一旦脳ミソへ持っていき、考えて言うという癖がついてしまっています。
しかし子供は聞いたままをすぐにコピーする能力があり、脳ミソで考えるというパートを飛ばす事が出来るのでそのままの発音が出来るようです。
なので、ネイティブが話したままをコピーする事が出来る為、語学の吸収のスピードも速いのです。
これは音楽にも言える事で小さい時に音楽の「ドレミ」を聞かせておくと絶対音感がつくといわれています。

【英語学習は早めがベスト】

このように大人と子供では言葉を真似する時の方法が違うという事が分かりましたね。
という事は小さい子供のうちに綺麗な英語を学ばせておくのがベストなので、早めの英才教育を取り入れるようにしましょう。

関連する記事

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫