英語ができるとどれだけ年収が違うのか?

日本人は英語を義務教育で指定でも6年間は勉強をするのにも関わらず話す事が出来ないと言われています。
どうして勉強をしてテストも受けているのに英会話をする事が出来ないのでしょうか?
だからこそ、英語が話せる人の求人は多く、英語を理解出来る人達は重宝されているようです。
となれば英語ができればお給料はよく年収なども普通のサラリーマンに比べると大きな差があるものなのでしょうか?

【日本人は賢い国民性ではあります】

日本人は国民性としてはスマートで、勉強熱心で賢いと言われています。
ゆとり教育などが取り入れられて以降は学力の低下なども囁かれてはいますが、ベースとなる考える力はあるので、実際にはそこまでの低下はないようなのです。
しかし英語に関しては義務教育でたくさん勉強をする時間を費やした割には英語が話せない人が多すぎる珍しい国でもあるのです。
日本語は日本でしか使う事が出来ない国で、英語やスペイン語、フランス語、アラビア語のようにたくさんの国で言葉が通じるという事は決してありません。
だからこそ、第二母国語をしっかりと勉強する事で世界との言葉の壁も越える事が出来るので義務教育では英語を勉強してます。
では、どうして日本人は英会話がとても苦手なのでしょうか?

【見直そう!英語の勉強の仕方】

ydtjyd

学生時代に英語を習った記憶は残っていると思いますが、あまり話す機会はなかったと思いませんか?
日本人の先生が教科書を読み、先生に当てられて初めて口にして、先生が黒板に書く英語を真似て一生けん命ノートに書き写すという作業を繰り返してはいませんでしたか?
そして単語テストや学期末テストが近づいてもやっぱり文法を覚えて書くという作業をしていたと思います。
時には会話の授業もあったとしてもなんとなく教科書を真似いただけで自分の頭で文章を考えて受け答えをしてはいなかったのです。
なので日本の英語の授業はテストの為の勉強をしていた!と言われています。
文法などの能力はあるけれども会話がとても苦手、そして間違うと恥ずかしいから話さないという日本人らしい特徴もあるのです。
だから今でもなかなか英語を話せる人が少ないので、英語が話せる人材の求人は多くあるのですが、お給料はどうなのでしょうか?

【英語が話せると年収はよいものなの?】

英語が話せるとまず外資企業で働けるチャンスがやってきます。
他では通訳や翻訳なども仕事もありますが、全ての仕事の給料がよい!というわけではありません。
もちろん大手外資企業で勤める事が出来れば一般企業よりも給料はよい!と言えますが、英語が話せる全ての人がそのような大手の企業で働けるとは限りません。
また、翻訳等の仕事は、会話ではないので出来る人が割かし多くいるので歩合制が多く、仕事一件に対する給料はよくても、本業でやっていくには仕事の量が足らないというケースもあります。
仕事の内容や、ポジションなどでももちろんお給料は違ってきますが、全般的にはお給料はいいと言えるでしょう。

【英語を使う仕事で給料アップを実現させよう】

これからは高齢化社会にもなっていくので将来を心配している人達も多くいます。
だからこそ、英語を使う仕事に就く事が出来れば収入もアップするので十分な貯金も出来るのではないでしょうか?
また小さな子供がいる人達は、子供の将来の為にも小さい時からネイティブの英語に慣れさせたり、留学させるというのはよい事だと思います。
≪TOPIC≫ 英語求人 https://www.careercross.com/job-search/speciality-25

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫

更新情報